Fbody [ADV] アキトDATEショート~尾のない黒猫~ レビュー 主観的フリーゲームレビュー

主観的フリーゲームレビュー

管理人オススメのフリーゲームをレビュー形式で紹介しています。どうぞゆっくりしていって下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ADV] アキトDATEショート~尾のない黒猫~ レビュー

akito OP

アキト青年が下着ドロの汚名を返上すべく奮闘する
短編推理アドベンチャーゲーム。
推理パートは本格的な難易度で歯ごたえがあるほか
読み物としても高いレベルの面白さを誇る良作デス


 

どんなゲームか?



サークル「FBI」さん製作の本格推理アドベンチャーで
吉里吉里で製作されております

基本的にクリックのみで遊ぶことができ
気になる箇所を調べたり、情報を考察したりして
事件か事故か?を解明していくことになります。

短編ながら絵や文章がぎっしり詰まった作品で
ボリューミーな印象。推理好きな方もそうでない方も
気軽にプレイできると思います。


俺はいつからアニメを見ていると錯覚していた?


akito jobanakito op2akito OP6
akito OP3akitoOP4.pngakito OP5

OPからものすごい物量のグラフィックで心を鷲づかみにされましたw
枚数と差分がすごいことになっとる・・・
登場人物の細かな動きや表情が楽しくて見てて面白いです。

推理パートでも絵が生かされていて
文章と視覚情報の両方から推理を進めていくことができます。
本媒体の推理小説には真似できない手法ですね~


序盤のノリでつかみはバッチリ

akito oba

グラフィックの多さと最初のコメディタッチのノリで
物語にスッと入り込める。まさにマンガ感覚である。
推理パートではシリアスな見せ場もあって
謎が解かれスカッとする快感を味わえます。


部屋の隅々まで調べたくなる訳とは

akito messe

ゲーム内では事件現場を調べることになるのだが
一つの場所でも何パターンかメッセージがあって
どんどん調べたくなるようになっている!

アキト君のトンでも解釈が読んでて面白かったw
こういうどうでもいい所でのメッセージの面白さは
某逆転ゲーを思い出しますね



推理モノとしての出来はどうか?

akito kousatu

実際にプレーヤーが推理を求められるのは
ゲーム後半の謎解き部分。指定された事件や怪しいモノの
「カード」を選択して犯人の行動を浮き彫りにしていく。

怪しいものや入手した情報は「カード」として一覧に表示され
気になるものは主人公が「考察」することで追加の情報を得ることができる。

犯人を追い詰めていくパートになると考察ができなくなるので
それまでに情報を見ておくことになるのだが
主人公と一緒に考察している時間が一番楽しいものだった。

以前レビューした「小此木鶯太郎の事件簿」では文章のみでの推理でしたが
今回はグラフィックの情報込みで考えることになるので
実際の事件を推理している気分を味わえましたね


これだけは言わせて!最後の推理部分は・・・


※ネタバレにつき反転
犯人しか持ち得ない証拠品を突きつけることで
犯人だとを断定する場面。ゲーム中最高の見せ場であり
推理ゲームの一番オイシイところなのだが・・・

最後の推理が破綻とはいかないまでも
推理で導けるものだとは思えなかったのが残念だった

犯人が持ち去ったであろう猫のバッチだが、それは途中で捨てることが可能なので
今持っているはずもなく、この場で犯人と断定するのは無理じゃないのか?
と思って延々と悩んでいた。

ゲーム内の解答では、「持ち去ったバッチはポケット内に入れられた。
ポケット内には紙粘土の粉が付着しておりそんな状況になるのは犯人以外ない」
というロジックが展開されたのだが・・・

「犯人はバッチをポケットに入れた」もしくは「ポケットに入れざるを得なかった」
と断定できる証拠が一切ない状況で、プレイヤーに解答を要求するのは
無理があったんじゃなかろうか。
30分くらい悩みに悩んだ末にこの解答だったので肩透かしを食らった気分でした

スーツに粉をなすりつけたのが実は伏線だった・・・というのは面白いと思ったし
娯楽で読む推理小説とかだったら気にならなかっただろうけど
プレイヤーに解答を求める「問題」としてはちょっと理不尽だったかなと思います。


で、結局どうなの?


akito ossan

最後の推理については思うところがあったわけだけど
それは私が本気で事件を推理したから。
本気で推理したくなるくらい面白かったからに他なりません

ゲーム中に手を止めてあれこれ考察する時間を楽しめるのが
推理ゲーの醍醐味ですよね。

読み物としてプレイしても面白い作りになっているし
推理パートで詰まっても救済措置がちゃんとあるので
苦手な方でも楽しめるのではないでしょうか

このゲームはシリーズモノの中の短編という位置づけです。
フリーで1作品、シェアウェアで1作品公開されているので
興味をもたれた方はそちらもチェックしてみてください。

女の子の前で女性の服をクンカクンカするアキト先輩チョーカッケーっす!


作品情報

ban3.jpg
製作サークル様:FBI
作品紹介ページ:

http://fbi.xxxxxxxx.jp/game3.html
備考:






関連記事

|  ┣ADV | 18:27 | 感想・コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

プレイした感想・レビューへのコメントなど















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fgamereview.blog.fc2.com/tb.php/43-04309599

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。